お問い合わせ
山形県北・秋田県南の広域情報サイト「ここから〜」
TOHOKU JAPAN

【第5回】食酒工房 福楽狸 新庄市

  • Presented by
  • 地域の企業の皆さまと共に「活きる」
第5回
  • 食酒工房 福楽狸新庄市
米も肉も野菜も魚も美味しい新庄を知ってもらいたい。
 JR「新庄駅」から歩いて3分の食酒工房福楽狸(ぶらり)。店主の早坂さんが新庄の美味しいものを知ってもらいたいと創業しました。早坂さんの料理の道は20歳の頃、横浜にある居酒屋でのアルバイトからスタート。当時の料理長が元フレンチシェフで料理に対する姿勢、またその人柄に憧れ自分も料理の道を進むことを決意しました。その後、日本食系を専門としながらもジャンルにこだわらない料理長に料理を教わり、以降さまざまな店舗で技と経験を積みました。自身で料理長に就任しましたが、自分の夢「店を持つこと」にこだわり地元で2015年7月に開業しました。地元の素材にこだわり、特に米は実家で育てた自信の米を提供します。
 お酒だけでなく、遅い時間でも「食事」を楽しんでほしいと早坂さん。お客様のゆっくり寛いでいただける空間づくりも福楽狸の売りの一つ。ほどよいプライベート空間でより料理の美味しさを引き立てます。
自慢の一品は山形のブランド豚「米の娘豚」を使った角煮。お米とホエーを食べて育った地元のブランド豚「米の娘豚」はあっさりとしながら甘味もあり、肉質は柔らかくジューシー。
 丁寧に作る角煮は是非食べていただきたい一品です。卵黄を絡めて食べるとマイルドさも加わり、更に美味しい味わいになるそうです。
今後は今以上に地元の食材を使って、あらゆる料理を提供したいと早坂さん。SHINJO ii-nya FOOD(新庄いいにゃ風土)※として、とりもつのアヒージョを開発していますが、第2弾として、地元新庄の名物土産にも取り組んでいるとのこと。
地元愛にあふれる福楽狸。地元自慢の食材を店主の愛がさらにおいしい料理に仕上げます。

※雪国ならではの食文化を継承していこうというコンセプトの新庄市のブランド


  • 「米の子豚の角煮」
    自慢の逸品。ぜひご賞味下さい。
  • 「鳥もつとマッシュルームのアヒージョ」
    お土産としても大人気!
食酒工房 福楽狸(ぶらり)

山形県新庄市若葉町7-35 SINKOUビル1F
TEL:0233-32-1623
《営業時間》 17:30~24:00(L.O.23:00)
《定休日》 不定休

掲載企業様はきらやか銀行の福利厚生サービス「ふっくりパッケージ」を契約されております