お問い合わせ
山形県北・秋田県南の広域情報サイト「ここから〜」
TOHOKU JAPAN

【第3回】株式会社 藤丸 最上郡戸沢村

  • Presented by
  • 地域の企業の皆さまと共に「活きる」
第3回
  • 株式会社 藤丸最上郡戸沢村
脇役だから手を抜かない。日本一の脇役を目指して。
 今年4月で創業10年の節目を迎えた藤丸。大根おろしやとろろなどの業務用の冷凍食材を作っています。主要取引先としては、吉野家やはなまるうどん、丸亀製麺など大手飲食チェーン店。みなさん一度は食べたことがあるのではないでしょうか?
そんな藤丸も最初は家族と3名の社員で会社を立ち上げ、仕事のない日は休業をしていたこともあったそうです。
転機は吉野家との出会い。縁あって新商品を共同開発することになりました。「麦とろ御膳」です。長芋をどう加工すると一番おいしいのか、特産地である青森で食べ方を研究。販売地域限定のテスト販売で異例の大ヒット。すぐに全国展開をしました。全国およそ1,200店舗の吉野家に納品するために、商品生産ラインを急拡大、働き手も確保、吉野家本社からも10名ほどが手伝いに来て寝食を共にしたそうです。
「脇役がおいしくないと主役もおいしくない。だからもっとおいしい脇役を作りたい。」と話す斎藤さん。その想いに向けて、日本で唯一藤丸が持つ「連続式アルコール凍結機」を導入。-30℃のアルコールで加工品を急速に冷凍することで食感を残すことができ、ドリップも少なくなります。他社との違いが出しにくい食材でも、藤丸だけの美味しさを追求しています。
「脇役がおいしくないと主役もおいしくない。だからもっとおいしい脇役を作りたい。」と話す斎藤さん。その想いに向けて、日本で唯一藤丸が持つ「連続式アルコール凍結機」を導入。-30℃のアルコールで加工品を急速に冷凍することで食感を残すことができ、ドリップも少なくなります。他社との違いが出しにくい食材でも、藤丸だけの美味しさを追求しています。
日本の食を陰ながら支える会社がここにあります。

  • 藤丸は福利厚生にも力を入れています。戸沢村で唯一、県からダイヤモンド企業として認定。社員が働きやすい環境つくりにも力を入れています。
  • 日本で唯一の冷凍のための機械。これが藤丸の食品の美味しさを作ります。
  • 加工は迅速かつ丁寧に行います。
  • 日本の食を支える藤丸自慢の商品。
株式会社 藤丸

山形県最上郡戸沢村大字角川244-2
TEL:0233-32-0855

掲載企業様はきらやか銀行の福利厚生サービス「ふっくりパッケージ」を契約されております