お問い合わせ
山形県北・秋田県南の広域情報サイト「ここから〜」
TOHOKU JAPAN

【第1回】株式会社 沼澤工務店 新庄市

  • Presented by
  • 地域の企業の皆さまと共に「活きる」
第1回
  • 株式会社 沼澤工務店新庄市
「手」のぬくもりを残し続ける職人集団
 一流の職人一人ひとりが誇りに満ちあふれている沼澤工務店。その職人集団をまとめ上げるのは沼澤貞義社長。これまでに建てた住宅はなんと600棟。日本の伝統建築を受け継ぎ、地元の優れた木材にこだわり、地元新庄のみならず、全国の住宅を手掛けてきました。沼澤さんが会社を立ち上げたのは今から40年前。立ち上げたばかりの工務店が、「自分の仕事を見てもらって、次に繋げる」と確固たる信念で完成させた1棟目の住宅は構造、木の組み方など沼澤さんの継承した伝統技術が十分伝わる一軒でした。瞬く間に口コミが広がり、大きな仕事が舞い込んできたそう。
 以来、順調に業績を上げているが、沼澤さんには気になることが。「日本の住宅はさまざまな職人の技術の結集で作られてきました。しかし、建築の多様化により、職人のなり手が少なくなってきました。伝統技術や文化を失わないようにするためには、伝統的な工法の住宅の建築が不可欠です。新しい時代になったからこそ、『家』を見つめなおさなければいけません」。沼澤工務店は「伝心の家」という技術ブランドを掲げている。人の心を知り、職人の心を技術で伝え、日本の伝統建築技術から学んだ本物志向で造る家がなによりも強い「耐震・耐久」の木造建築であることを目指しています。施主の一生に一度の家づくりへの想いを職人が受け止め、自らの技術で応える。想いと技術の伝承がその家の歴史を紡ぐと信じています。職人の「手」が地元の「木」とともに家にぬくもりを伝え、家族が落ち着く空間を創る。「技術はどこまで進歩するかわかりませんが、人の手のぬくもりは絶対になくなりません。だからこそ、私たちの手仕事の技術を繋いでいかなければいけないのです」と話す沼澤さん。これからも日本の伝統技術は新庄で守られていきます。

株式会社 沼澤工務店

本社 : 山形県新庄市十日町6397-17
TEL:0233-22-8017
山形支店 : 山形県山形市元木2-10-63
TEL:023-629-7562
《営業時間》 8:00~18:00
《定休日》 日曜日、祝日
《Mail》 numazawa@juno.ocn.ne.jp

掲載企業様はきらやか銀行の福利厚生サービス「ふっくりパッケージ」を契約されております